無店舗型風俗店の特徴 | デリへルで手軽に快感と興奮を楽しんでみましょう。

無店舗型風俗店の特徴

移動の手間を感じること無く、便利に手軽に快感と興奮を楽しめる風俗店、それがデリヘルです。
このデリヘルという風俗店は、風俗店の中でも出張型風俗店という区分に属する店舗なのですが、この出張型風俗店というのは更に風俗業界の中でも無店舗型風俗店と呼ばれる部類の店舗になります。
この無店舗型風俗店というのは、通常の風俗店にはない、非常に特徴的な店が多数存在しており、その特徴があるために、利用時には少々気をつけないといけないこと、そしてそのような特徴があるからこその利点というものも存在しています。

まず初めに、この無店舗型風俗店というのは名称からも分かる通り、店舗を持っていません。
店舗を持っておらず、福岡などの歓楽街や繁華街と呼ばれるような場所に店舗の事務所が存在しているという特徴があります。
そしてこのような特徴があるために、利用時には通常の風俗店のように店舗へ行ってサービスを受けるのではなく、店舗事務所へ行って手続きを行い、ホテルへ行ってサービスを楽しむ……もしくは、デリへルのように自分が指定した場所まで出張して貰った上でサービスを楽しむことになります。

そしてもう1つの特徴として、営業時間の縛りがないというものが有ります。
風俗店のような店舗というのは、実店舗を構えて営業する際には営業許可を公安委員会と呼ばれる場所に申請する必要があります。
そしてその許可が受理された際には、正規の風俗店として営業できるようになる代わりに、営業時間に関する縛りなどの法規制を受けることになります。
しかしデリヘルのような店舗を持たない風俗店の場合、営業許可を得るための申請を出す必要があるということに代わりはありませんが、営業時間に関する縛りというものは受けません。
なので、デリへルというのは風俗店の中でも珍しく、24時間いつでも利用したい時に楽しめるという特徴があるのです。